スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たすけて。

助けて!
在御くんがなんか、『12色のパンツの中から現在某氏の穿いているパンツの色を論理的に言い当てる』とか訳の分からんことを言い出した!
そんなこと、できるわけがないッ!(切実に)
スポンサーサイト

ぎもん。

『ヘキサの唄を(事件編)』再販中ですよー。
そろそろいつ委託が切られてもおかしくないレベルですよー。
お求めの方はお早めにどうぞー。
この期を逃すとまた一年くらい手に入りませんよー。
……というか、下手をするとプレス版入手の機会はこれが最後になるかも知れません。
次からDL専売にするかも……。
コレクタ気質な方は、この機会をお見逃し無くー。
というか、いつぞやのコミケ会場特典のトールケース着せ替えジャケットがたぶんまだ50部くらい余っているのですよね……。
そのうちこっそりゲリラ的にイベント参加するかも……(小声)。
ま、先のことは分かりません。取りあえず、まずは完結を目標に……。

前口上が何故か言い訳がましくなってしまいました、紺野です。
現在、ゆるゆると本編執筆の意欲を高めているところです……。あとちょっと……。

ところで。
つい先日『スマブラ』が届いて、忙しいからあまり遊べていなかったところに、昨日『絶対絶望少女』が届いて、どういうことだ説明しろ苗木、と思っていたら、今日『CROSS†CHANNEL』が届いて、もーままならねーですー、という感じです。これでまた二週間くらい経ったら今度は『モンハン』ですよ……。
……同人活動五年目にして今更過ぎる疑問なのだけど、世の同人作家の皆さんは一体いつゲームをやっているのだろう……?(切なる疑問)
僕の全盛期は、ゲームやってる暇が無かったので全然やってなかったのだけど……。まあ、僕の場合は要領が悪いだけなので参考になりませんけれども……。
取りあえず、そんな疑問を覚えつつ、本日の荷物に同梱されていた『咲』の新刊を読む。
僕は久々にちゃちゃのんが見られたので満足です。
ところで、下馬評の高いチームは意外と大したこと無いの法則は未だ健在。永水とか白糸台とかね(失言)。有珠山にはこれから本当に頑張って貰いたいところ。
余談ですが。
僕は『咲』が連載される五年くらい前から、「テニプリのテイストで、美少女が異能を使って麻雀をやる漫画を描いたら絶対売れるよ!」と主張し続けてきましたが誰にも相手にされなかった……。
まあ、予想を遙かに超えた素晴らしい作品が登場したので僕は大喜びでしたが。
同様に今現在、こういう漫画はたぶん売れる! という案を二つほど持っています。どこかに暇を持て余している漫画描きは居ないだろうか……(居ないだろう的反語表現)。
余談の余談で申し訳ないのですが……。
僕はもう十年以上テニプリストを続けているので、すっかり飼い慣らされて波動球だ縮地だ跡部王国だ、くらいでは驚きもしないのですが、流石に最近のテニプリは戸惑うことが多い……。
空間を削り取ってボールを止める(!?)とか。固有結界『パイレーツオブテニス』(!?)とか。
歴戦のテニプリストさえ首を傾げる『新テニプリ』。でも僕は大好きだよ!(テニプリストの鑑)

そんなこんな。
何だか盛大に脱線しましたね……あうあう。脳が疲れているのです、察して下さい……。
ではまた次回! 次こそはもう少し身のあるお話を……。

ようやく。

先日、ひょんなことから100gの牛フィレを頂いたのでステーキにしようと思って、コニャックでフランベしたら大炎上して心底びびりました、紺野です。
大さじ一杯程度であんなに燃え上がるものなのか……知らなかった……。
ちょっと換気扇フィルタ焦がしたのはお茶目なミスだね!
……いや、でもね、実際僕は燃え上がった一瞬、「死ぬな」と思ったのですよ……。
皆さんもフランベには注意しましょう!
ちなみにお肉は結構美味しかったです。ブランデでフランベすると美味しいってホントなんだ!(もう二度とやらないけど)

はてさて。
予定を大幅に超過しながら、ようやく昨夜例の書き物が終了。昨夜というか今日の午前四時だけどな!(眠い)
結局昨日はラストの一番盛り上がるところでテンションを落としたくなくて、そのまま一気に書き上げてしまいました。なので、昨日の執筆量は12000文字と驚異の数字に。
人間、やれば何とかなるものです。
最終的に、総文字数は20万ちょい超えくらい。おいおい大長編じゃねえか、とちょっと引く。大体『ヘキサ』一話分くらいの文量です。
これから細かい手直しをしないといけませんが、取りあえず執筆の方は終了!
なので、ようやく『ヘキサ』五話に入りますよ奥さん。
そんなこんなで、先ほど早速少し書き進めようとキーボードに向かったのだけど……何故か一文字も書けない(ヤバい)。
この数ヶ月、ずっと真面目な文体を使ってきたので、『ヘキサ』のような絶妙に力の抜けた文章が書けません!
仕方が無いのでリハビリに脳みそを全く使わず文章を書く練習をしようかなと考え、『ヘキサ』で脳みそ使わないで書ける文章って何だろうと思い返したら、あれがありましたね。
木更津お茶会。
あれはもう脊髄反射で書いているので、リハビリにはもってこいでしょう。たぶん。
というわけで、全然予定の無かった第四話の木更津おまけを書くことにしました。
まあ、あれくらいなら一日二日で書けるでしょう(安直)。
このおまけは、みんなが忘れ去った頃『R/C完結編』に収録される予定なので、皆さん期待せずにお待ち下さい。
さあさあ、じゃあ、寝る前に少しだけでも進めておこうかしら。なんかもうむちゃくちゃ眠いけど。がんばる。
ではではまた次回!

りょこう。

あちらのお客様から……『ヘキサの唄を(事件編)』でございます(ダンディな低音で)。

先日の宣伝ツイートで、友人から文体が薬剤師っぽいと突っ込まれて、そう言えばそうだなあと、妙に納得してしまいました、紺野です。
完全に無意識にやってました。気をつけよう……。
ところで、ツイートのカクテルレシピは正確には『セブンス・ヘブンNo.2』と言います。『セブンス・ヘブンNo.1』は確かグレープフルーツジュースの代わりにデュボネが入ります。文字数の関係で省略しました、誤解してしまった方は申し訳ない……。
ついでに、雪月氏に虚言癖呼ばわりされていましたが、僕は嘘つきな訳では無く、単純に自分で言ったことをすぐに忘れてしまうだけです。よって、結果的に虚言を撒き散らすことになるだけで、僕自身は極めて清廉な人間であることをここに改めて書き記しておきます。ぷんぷん!

さて、更なるついでに雪月氏にツイートでせっつかれたので一応釈明。
かねてからの予告通り、先週の土曜から昨日まで北海道へ旅行へ行ってきました。
友人の結婚式だったのです。超楽しかった!
さすがはエンタメ大国北海道です。プロの司会にプロのピアニスト、プロのDJにプロのマジシャンまで居て大盛り上がりでした。
あれはもう披露宴というよりもはやパーティですね。料理もお酒も滅茶苦茶美味しかったし、文句なしです。
あ、そうそう。
結婚式といえば、よく新郎新婦に関する映像が流れるのですが……。
新郎新婦の馴れ初め辺りは、微笑ましく思いながら見られるのですが、家族を絡めた思い出話になるともう駄目です。
歳を取って涙腺がガバガバなのです。
僕(アラサー)と参列した友人(アラフォー)は、映像を見ながら号泣してしまい、別の参列した友人(アラサー)に、
「あんたら、親族でも何でも無いでしょ!」
と突っ込まれましたが、友人(アラフォー)がすかさず、
「俺たちは……心の親族だ」
などと妙に良いことを言い出し、僕は泣きながら大笑いをする羽目に。
まあ、何とも言えず楽しかったです。
その後、二次会三次会四次会と、馬鹿みたいに食べ、しこたま酒を飲み、腹筋が痛くなるほど笑い転げ、明け方ホテルへ帰って死んだように眠りました。
やっていることは大学時代と本質的にあまり変わっていませんね。歳を取って無理が利かなくなったくらい。
でも、結局睡眠時間は三時間くらいで翌日もまたすすきので目一杯食べて飲んで遊び回りました。
完全に、精神が肉体を凌駕しています。
ちなみに、今回の旅行で食べた一番美味しかったものは、北海道産和牛サーロインステーキの鉄板焼き。
あんな凄い肉、『食戟のソーマ』でしか見たこと無いよ!
超美味しかった……(恍惚)。
北海道は良いところですね。隙を見てまた遊びに行きたいです。
そう言えば、旅行前はずっと具合が悪かったのに、旅行中は超元気で、戻ってきたらまた具合が悪くなりました。
もしかしたら、東京の空気が合っていないのかも知れません。あびゃー。

言い訳はこのくらいに。
そろそろ『ヘキサ』五話の執筆を再開していきたい所存。
実を言うと、今ならまだ余裕で冬コミに間に合う時期です。
十二月上旬まで執筆してても間に合うくらいですからね!(地獄を見ることになるけど)
でも、コミケは応募していないし、地獄も見たくないので今年は出しません。ご容赦ください。
その代わり、来年頭くらいまでに『R/C』のラストまで一気にシナリオを書いてしまいたいと思っています。
今の時点からなら……大体、50万文字くらいかな……?(あ……無理そう……)
それからのんびり演出をやれば……早ければ来年夏、遅くても来年冬には堂々完結出来ることでしょう。
ざっとそんな計画を思い描いていますが……どうなることやら。
でも、絶対面白いもの書くからそれで勘弁してください!

そんなこんな。
今日はここまで!
これからまだ残っている別件の執筆を進めないといけないのです……。
……今日眠れるかしら……(遠い目)。

ではでは、また次回!

しゃざい。

超高性能鍋敷き『ヘキサの唄を(事件編)』、再販中ですよ!

通販はこちら。

皆さん、お元気ですか? 僕はなんかいよいよ熱が出てきました、紺野です(つらい)。
先日の七唄さんによる脳内直接ツイートの主犯は実は紺野です(自白)。
いや、本当は雪月氏に全ての罪を被せて知らん顔しておこうと思ったのですが良心の呵責が……。
というのも事の発端は、雪月氏から何か宣伝ツイートを考えて下さい、と依頼され、いつものように考え無しで了承をしたことに起因します。
三十分後、熟考に熟考を重ねて例の一文を雪月氏に提出した——ように見せ掛けて、実は二分くらいででっち上げた次第。
方々から怒られるかなあ……と心配しましたが、まあ、うちのような過疎サークルの公式ツイッタなんて誰も見てないでしょう、と開き直り結局採用。
でも万が一怒られたら速攻で消しますので悪しからず……(小心者)。
ノベクタクル様、ご迷惑をお掛けして申し訳ございません……。

さて、例の執筆はいよいよ解決編佳境というところにさしかかって、紺野が犯人だろうと当たりを付けていた人物に犯行時刻鉄壁のアリバイがあることが判明して愕然としている次第(おいおい)。
あまりにもアリバイが完璧すぎて、執筆が中断しています。
ちょっとこれ本当にどんなアリバイトリック使ったんだよ……と昨日の夜からずっと頭を抱えていたら、頭使いすぎて発熱してきました(子供か)。
のどっち発情、相手は死ぬ状態。
おかげで、いくつか解決のメソッドを思い付きましたが……はてさて。
僕は文章を書くとき、まず目的地を決めてから、出発地を設定し、その途中のルートは書きながら微修正して進めていく手法を採用しているのですが、ミステリィでこれをやるとよくどうしようもなく難解な謎に突き当たります(おいおい)。
執筆中、気分はいつでも名探偵です。
行き当たりばったりで無計画すぎると言ってしまえばそれまでですが、この切り返しの巧みさにこそ、ミステリィ特有の切れ味が生まれるのだと僕は勝手に思っています。
……実はヘキサ第一話の密室トリックも、同様にその場凌ぎの切り返しで生まれました……(遠い目)。

いつもその場凌ぎで行き当たりばったりに紺野は生きています。
それでは、今日はここまで! みんなは計画的に生きてね!

けいか。

『ヘキサの唄を(事件編)』プレス版、再販中ですって奥様!

通販はこちら!

関東地方ままた急に寒いですね。皆様お風邪など召されてはおりませんか。
僕は召してます、紺野です(つらい)。
今週末から旅に出るのにもー身体中痛い。まいっちんぐ(古い)。

宣伝担当大臣であるところの雪月氏がツイッタで有能な宣伝を振りまいてくれているので、負けじとこちらも更新です。でも申し訳ないばかりだけど、『ヘキサ』はまだ進んでいません……。
すまぬ……すまぬ……来週辺りから手を付けるから……(涙目)。
ところで、プレス版はじわりじわりと売れていて嬉しい悲鳴です。
『売れている』とは表現しているものの、今までまるで売れていないサークルの『売れている』なのであまり当てにはなりません(え)。
100円配布していた頃の負債を実はまだたっぷり抱えているのです……。
100円配布版を持っている人は大事にして下さい。それ実は300円くらいの価値がありますよ(暴露)。

つまらない暴露話でお茶を濁しつつ。
他に書くことが無いので珍しくweb拍手レス。

>翠下ナナカ様。
ご無沙汰しております。
来年中には片を付けるつもりですので、もしも宜しければ今しばらくお待ち頂ければ幸いです。

>直樹氏。
お世話になっております。
いつも紺野の身を案じて下さってありがたい限りです。
今月中にまた無駄に長い感想をお送りするかと思いますので、読まずにゴミ箱へ棄てて下さい(ぇ)。

>りりちぇ氏。
ご無沙汰しております。というか一年前の拍手のレスですよ、これは……(白目)。
『弱虫ペダル』観ました! 最高に熱かったです! 僕もケイデンスをあと30上げて頑張ります!
今期は『さばげぶっ!』が僕のようなダメ人間にはご褒美のようなアニメです。

そんなこんな。
以上、今日は忙しからここまで!
申し訳ない! 今度またちゃんと更新しますから!
ではでは、またお会いしましょう!
プロフィール

DerDevスタッフ

Author:DerDevスタッフ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。