スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しわす。

今年があと二週間で終わるとかちょっと意味がよく分からないですね……紺野です。
このペースでは今年中に三日目を仕上げるので手一杯ですよちょっと……。
コミケ参加時代はこの時期、顔面蒼白虚ろな目でキーボードをひたすらカチャカチャ叩いている頃ですか。
この辺りになるともう完全に脳みそがシナリオライタから監督兼演出家に切り替わるので、多少客観的に作品を見られるので割と楽しかったりもします。
もしかしたら、疲労の極致で脳内麻薬が分泌されて、取りあえず何でも楽しいだけかも知れませんけれども。
ただ脳の切り替えがかなり大変なので、演出脳にはまだしばらく眠っておいて貰いますね……ねむねむ。

そう言えば、以前書いたような書いていないようなちょっとよく覚えていないので一応書きます。
大した話ではないです。二度目ならごめんなさい。
2009年12月、つまり『ヘキサ』第一話が世に出る直前の、丁度今ぐらいの時期だったかと記憶していますが……。
音楽室のシステムを構築するに辺り、ただ音楽を垂れ流すだけでは面白くないという事で、突然紺野は音楽家雪月氏に「音楽のライナノーツを書くにゃも!」と発注を出した。
雪月氏としては当然寝耳に水の話で、キレて良いレベルだったはずだけれども(確か丁度今ぐらいの時期に例の『生体反応1』の音楽を強引に発注した気もする)、当時はまだ紺野への敬いの気持ちを僅かに残していた雪月氏はさしたる文句も言わずに承諾してくれた。
後に聞いた話によると、ライナノーツというのは本来作曲者が書くものでは無いらしいので、また偉い迷惑を掛けてしまったことになるのだけれども、まあ、結果的に雪月氏のライナノーツは面白かったのでよしとしよう。
それはさておき。
実はその時点では、音楽のタイトルが仮題しか付いていなかったので「ついでに音楽のタイトルも決めるにゃも!」という発注も出したのだけど、そちらの方はあっさりと断られてしまった。
ライナノーツを書くのでそれどころじゃねえ、と割と真剣に怒られてしまった。
その上で、もういっそ紺野さんが決めなよ、と逆無茶振りを仕掛けられたので、仕方なく小一時間ほど考えてタイトル案を送り返したら何故かあっさりとゴーサインが出て、皆様お手元の音楽室が完成した次第。
要するに、一話分の音楽だけ、全て僕がタイトルを付け直したということですね。
おかげさまで、そんな中二病なタイトルばかりになってしまいました。もう時効だろうと思って白状しました。
なので、中二タイトルは雪月氏の責任ではないのですよ……!
ちなみに二話以降の音楽は、僕が別件で忙しくて手が出せなかった為、初めから雪月氏が付けてくれたタイトルのままになっています。
でもシンプルでそっちの方がカッコイイですよね(本音)。
やり過ぎた、と割とかなり反省しています。もう、人の領域には手を出さないんだ……!
でも『おしゃまなゴシック』辺りは密かに気に入っています。響きが可愛らしいです。

そんなこんな。
作業合間の思い出話でした。
ささ、では作業に戻りますよ……!
プロフィール

DerDevスタッフ

Author:DerDevスタッフ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。